http://yamadaauto.com

HOME

プロのお店

近畿運輸局長認証工場
自動車分解整備事業

大型特殊自動車   普通自動車(乗用)
普通自動車(大型)  小型四輪自動車

普通自動車(中型)  小型三輪自動車
普通自動車(小型)  小型二輪自動車
              軽自動車

この黄色い看板は国が整備工場として
定めたしるしです。 最高の国家資格を
持った整備士が、 あなたに代わって自
動車の総合的な保守管理、点検、整備
、検査をはじめ、 様々なご相談に対応
出来る、 プロ中のプロのお店です。

兵庫県自動車整備振興会神戸東支部

兵庫県自動車整備振興会
下に詳細

神戸市東灘区魚崎南町3−2−3
TEL 078-452-7121
FAX 078-452-7186
e-mail info@yamadaauto.com

リンク集
店舗情報
新車、中古車販売
車検、修理、メンテナンス
板金、塗装
OASIS
てんけん君画像
近畿運輸局長認証工場

ヤマダオートサービス

町の自動車屋さん

三菱チャレンジャーエンジンオーバーホール
定期的なオイル交換の大切さ

 この自動車は、平成9年式の三菱自動車のチャレンジャーです。現在の走行距離は10万9千KMです。

 お客様より最近エンジンの回転に合わせて変な音がするので見て欲しいというご依頼でした。ご来店頂いたときに、エンジンから好ましくない異音がはっきり聞こえる状態でしたが、念の為話を伺うと、ボンネットを一年ぐらい開けたことがないとの事でした。
 車検を約一年前に受けた際にエンジンオイルを交換して以降、エンジンオイルは23,000KM無交換でした。仕事場が変わり通勤距離が伸びたため今まで以上に自動車を使用するようになった事が原因だと思われます。チェックランプ(警告灯)が付いたらエンジンオイルを補充したら良いと思われていたようですが、アドバイスとして警告灯が付いたら直ちにエンジンを止めてください!!という合図であるということを説明させていただきました。

 自動車にとってオイルはとても大切です。オイル切れや、オイル交換不備は自動車のエンジンにとって致命的なダメージを与えてしまいます。

 この自動車のエンジンの中がどのような状態になっていたか、写真を使って説明しようと思います。

 まず最初にエンジンオイルを抜いて調べてみました。すると、オイルに混じってメタルの欠片(金属の粉)が出て来てしまったので、やはりエンジンに相当なダメージを与えているようでした。

 そこで、お客様にこの自動車を修理すると、相当な費用が掛かりそうである旨の説明をしたところ、家族会議を開かれた結果、きちんと修理して20万KMを目指す!!という結論に達した為、エンジン(原動機)のオーバーホールをすることとなりました。

  エンジン取り外し   エンジン取り外し後

 まず、エンジン(原動機)オーバーホールの手順として車からエンジンを取り外します。そしていよいよここから、エンジン内部がどのような状態になっているかなのですが・・・。

  エンジン下部より撮影    エンジン上部より撮影
 
 
 写真では判りにくいですが、案の定、相当エンジン内部はひどいことになっていました。こげ茶色に見える部分は全てエンジンオイルがこびりついてしまっている部分です。一部分を拡大すると、
オイルストレーナー 目詰まり
   オイルストレーナー洗浄後

 上の写真の部分から、エンジン全体にオイルを吸い上げて潤滑させているのですが、左の写真をご覧の通りフィルターが目詰まりしています。この状態ではオイルがきちんとエンジン全体に行き届かないのもお判りいただけるのではないでしょうか。洗浄、清掃後が右の写真で、正常な状態です。

 そして、いよいよ、この自動車のエンジンの分解作業に入っていくのですが、ちょっとその前に・・・ついでなので、タイミングベルトについて説明しようと思います。

 右側の写真の上側がタイミングベルトを取り外す前の状態で、下側が取り外した状態です。

 お客様の中にはボンネットを開けてエンジンルームを覗いたときに見えているベルトをタイミングベルトと勘違いされている場合もありますが、通常の自動車の場合は、とても大切なベルトなので、カバーをして保護をしており、カバーをはずさなければ確認する事が出来ません。なぜ大切なのかというと、このベルトが切れると、エンジンが始動出来なくなるのはもちろん、最悪の場合、エンジン内部を破損してしまうからです。その為、国産自動車(一部の自動車を除き)は、10万キロごとの交換が必要とされています。

タイミングベルト取り外し前
タイミングベルト取り外し後

さらに余談ですが、この自動車のエンジンはV型エンジンなのですが、V型と呼ばれるのは、左の写真を見て頂ければ一目瞭然!!形がVの形をしているからです。

V型エンジン

 話を元に戻しまして、エンジンの内部がどのようになっているかですが、まずは上の写真のV型エンジンの1の部分(シルバー色したヘッド部分)と2の部分(エンジン本体)を分離します。すると左の写真のように、ピストンの頭(2の部分の穴が埋まっている部分)が顔を出します。1と2を分離することによりピストンをシリンダーブロック(2の部分)から取り外すことが可能になります。取り外したシリンダーヘッド(1の部分)の状態はというと・・・。

オススメ自動車修理

1:シリンダーヘッド

2:シリンダーブロック

シリンダーブロック

シリンダーヘッド洗浄前
シリンダーヘッド洗浄後

>>>

 上の写真の左側が取り外した時の状態を撮影した写真です。右側が分解、洗浄後組み付けた状態です。オイルがこびり付いている様子がお解りいただけるのではないかと思います。シリンダーヘッド(1の部分)に付いているバルブがどうなっていたかというと・・・。

アウトレットバルブ洗浄前
アウトレットバルブ洗浄後

>>>

 ご覧になって頂いた通り、左上の写真のバルブは取り外した状態(洗浄前)ですが、かなりのカーボン(燃焼カス)が堆積していました。右上の写真がカーボンを取り除き洗浄後の状態です。このバルブにこびり付いたカーボンを取り除く作業を24本分(右の写真)丁寧にしていきます。エンジンに確実に空気を送り、確実に密閉し圧縮爆発させ、確実に排気させる大切な部品なので、1本1本大切に洗浄し、点検し、組み付けます。

 少し前に説明したタイミングベルトは、このバルブと後に説明するクランクシャフトを連動させる大切なベルトなのです。最悪の場合、このバルブが折損してしまい交換しなければならなくなります。

全てのインレット、アウトレットバルブ

 そしていよいよエンジン本体(上の写真1の部分)を分解していきます。といってもあと残っているのは、シリンダーブロック(2の部分)と、ピストンと、クランクシャフト(爆発によって上下に動くピストンを円運動に変更する部分)のみなので、ここからが本当の心臓部分になります。

エンジン本体内部

 左の写真は自動車のエンジンの心臓部分にあたるピストンとクランクシャフトです。この写真の部分で、燃料が爆発した力を、受け止めて、そのピストンが受けた力をクランクシャフトが円運動に変換して最終的にタイヤへと伝えていきます。

 その部分が、オイル交換をしていなかったこの自動車ではどのような状態だったかですが・・・

ピストン 洗浄前
ピストン 洗浄後リング組み付け後
ピストン 洗浄後リング組み付け前

 左側の写真が、この自動車のピストンを拡大した写真です。カーボンやスラッジ(燃料やオイルの燃えカス等)が固まってこびり付いているのはもちろんの事なのですが、写真ではわかりにくいですが、オイルリング(上から3つ目のピストンリング)が、カーボンやスラッジにより、固着して動かなくなっていました。この症状は、爆発力の低下やオイル上がり(マフラーから白煙がモクモクと出る症状)の原因となります。

 3つあるピストンリングにはそれぞれにとても大切な役割があり、どの部品の動作が正常に行われなくなっても、エンジンに致命的なダメージを与えかねません。

 下の写真の左側が、ピストンリングを全て取り外し、洗浄した状態ですが、上から3つ目の溝(オイルリングが組み込まれる部分)に、小さな穴が空いているのを確認できるでしょうか?
 洗浄前は6個あるピストンのほぼ全ての穴がカーボンやスラッジで詰まってしまっていました。その結果、オイルリングが固着してしまったと考えられます。

 その穴を全てオイルが通るように清掃し、溝にたまったカーボン、スラッジを取り除き、新しいピストンリングを組み付けた状態が上の右側の写真です。ピストンリングが正常に働く事によって、爆発した燃料の力がタイヤまできちんと伝わる事に繋がります。

ベアリング 新旧比較

 左の写真は、ピストンとクランクシャフトの繋ぎ目に使用するコンロッドベアリングと呼ばれる部品です。オイルに混じって出てきたメタルの粉はこの部品の表面が剥離したものでした。

 写真の左側が古いベアリングですが、中心の穴の左下に色が変わっている部分があるのにお気づきでしょうか?ベアリングの表面が剥離した状態です。右側が新品のコンロッドベアリングなので、よく見比べて頂くと違いが判っていただけると思います。

 下の写真が交換したピストンリングやベアリング等の写真です。これらを含み、傷み、再使用できないと判断された部品全てを新品に交換して、きちんと組み付けすることによって、リフレッシュしたリビルドエンジンへと生まれ変わります。

交換したベアリングピストンリング等

 そして最後の最も大切な部品がクランクシャフトとシリンダーブロックです。この部品が再使用できなければ、かなりの高額な部品の為エンジンのオーバーホール費用が飛躍的に高額になってしまい中古のエンジンに乗せ換えをした方が良い選択かなと思っていましたが、今回の自動車の場合は再使用できる状態だったので、結果として一番良い方法が選択できました。
 下の写真がシリンダーブロックとクランクシャフトです。このクランクシャフトの回転力がタイヤへと伝わり自動車を動かす原動力となっています。そのクランクシャフトの回転力を作り出すのが、シリンダーブロック内で爆発したガソリンの力により上下運動をしているピストンになります。

シリンダーブロック
クランクシャフト ピストン

 これら分解したエンジンのパーツを洗浄し、点検、測定し、組付けしてリビルドエンジンを完成させていきます。そうして出来上がったのが左の写真のリビルドエンジンです。これに補記類を取付けていき、完成させると右の写真になります。後は車のエンジンルームに乗せれば出来上がりです。
 ここまで出来上がればあともう一息なので、少し話をそらしてエンジンの動く仕組みを少しだけ説明してみようと思います。

リビルドエンジン本体
シリンダーヘッド バルブの役割

 左の写真は、シリンダーブロックの上部に取付けるシリンダーヘッドと呼ばれる部分です。この部分の役割を簡単に言うと、エンジンに必要な、空気と燃料の混合気を燃焼室(シリンダーブロック本体)に送り、密閉し爆発させ、排気ガスを排出する事です。矢印1の部分は密閉している状態、矢印2が混合気の吸入の状態で、矢印3が爆発した混合気(排気ガス)の排出の状態です。このバルブが的確なタイミングで動き確実な作動をすることにより、エンジンが正常に作動します。そのバルブの動くタイミングを決めるパーツの1つが、前述したタイミングベルトなのです。

コンプリートリビルドエンジン
チャレンジャー引渡し

 そしてエンジンを載せてエンジンルームを洗浄し、最終チェックをします。その後お客様に完成の連絡をしてお引き渡ししました。
 お客様の笑顔をみて、当店も大変嬉しい気持ちになりました。
 ぜひ、末長く大切にチャレンジャーに乗り続けていただきたいと思います。
 今回は当店をご利用頂き誠にありがとうございました。

オーバーホール最終チェック
ヤマダオートな日々